Skip to content

はじめよう

このチュートリアルでは、評価ボード(MBKT-ESP32-DEV)を使って1基本的な使い方を説明します.

事前準備

ターミナルソフト

モジュールとシリアル通信するためのターミナルソフトをインストールしてください. WindowsであればTeraTermなどが有名です. Linuxであれば screen コマンド等が対応します.

シリアル通信ドライバ

MBKT-ESP32-DEV評価ボードは、FTDI社のシリアル通信ドライバーを使用します. Windows10や最新のLinuxにはあらかじめインストールされていますので特別必要ありません.

もしモジュールを接続した場合にドライバーが見つからない旨のエラーが表示される場合には 「FTDI Drivers」などのキーワードでインターネットを検索し、 FTDI社のシリアル通信ドライバをインストールしてください.

参考: https://www.ftdichip.com/FTDrivers.htm

接続と動作確認

  1. PCのUSBポートと評価ボードを接続します. ボード上の赤いLEDが点灯します.

  2. 接続するとPCにシリアル通信ポートが作成されますので名前を確認してください. WindowsであればCOMから始まる名前が付きます(COM3など). デバイスマネージャから確認できます. Linuxであれば/dev/ttyUSB0などの名前が付きます.

  3. ターミナルソフトを起動して、通信速度を115,200bpsに設定し、シリアルポートに接続してください.

  4. モジュールのリセットボタンを押します. ターミナルに起動ログが表示され、最後に OK:MBKT-ESP32/X.X という行が表示されれば正常です. X.Xの部分にはファームウェアのバージョン番号が入ります.

  5. INFO と入力してエンターキーを押してください. 大文字小文字は区別されます. 上記と同じ OK:MBKT-ESP32/X.X が返れば正常です.

以上で、ターミナルソフトからモジュールを制御する準備が整いました.

WiFi情報の設定

  1. テストで使用するWiFiアクセスポイントのSSIDとパスフレーズを用意してください.

  2. 次のコマンドを入力してください:

    SSID:(接続先のSSID)↵
    OK
    PASS:(パスフレーズ)↵
    OK
    
  3. CONNコマンドを入力して接続します. OK が返ればMicroBucketサーバに正常に接続されています。

    CONN↵
    OK
    

レコードの書き込みと読み出し

マイクロバケットでは レコード と呼ばれる単位でデータを読み書きします. 1つのレコードは表における行に相当し、複数の列(カラム)から構成されます. ここでは、次のような簡単なレコードを書き込み・読み出ししてみます:

カラム0 カラム1 カラム2
HOP STEP JUMP

クラウドに書き込む

MBKT-ESP32はモジュール内部にレコードを一時的に格納するための カラムバッファ と呼ばれるメモリ領域を持ちます。 クラウドに書き込みたいデータはいったんカラムバッファに格納してから、一度に書き込みます。

カラムバッファに値を格納するには COL コマンドを使います.

    COL:0:HOP↵
    OK
    COL:1:STEP↵
    OK
    COL:2:JUMP↵
    OK

次に、POSTコマンドでカラムバッファの内容をクラウドに書き込みます. 成功すると OK と共に、レコードが作成された時刻を表すタイムスタンプが返ります.

    POST↵
    OK:1234567890

クラウドから読み出す

GET コマンドでクラウドからレコードを読み出します. 先ほど得られたタイムスタンプを指定します.

    GET:1234567890↵
    OK

読み出されたデータはカラムバッファに格納されます. 確認してみましょう.

    COL:0↵
    OK:HOP
    COL:1↵
    OK:STEP
    COL:2↵
    OK:JUMP

Web管理画面を使う

クラウドに記録されたレコードはマイクロバケットのWeb管理画面からも確認できます.

  1. Web管理画面を使うには、まずマイクロバケットのアカウントを作成してください。 参考URL: https://micro-bucket.com/users/sign_up

  2. Web管理画面にログイン後、メニューの「追加登録」をクリックしてバケットの追加登録画面を表示してください.

  3. MBKT-ESP32-DEVを購入した際に付属しているバケット登録カードに記載されている内容を画面に入力します. バケット一覧のページに新しくバケットが追加されます.

  4. バケットをクリックすると、バケットに含まれるファイル一覧が表示されます. MBKT-ESP32では、ファイルを指定しない場合には"DEFAULT"というファイルに書き込まれます. "DEFAULT"ファイルをクリックすると、書き込まれたレコードが確認できます.


基本的な使い方は以上です。

この例ではPCをホストとして使用しましたが、 シリアル通信ができるホストであればマイコンやシングルボードコンピュータなど種類を問わず使用できます。


  1. モジュール単体で試される方は、TXD0(35番ピン),RXD0(34番ピン)にFTDI社のUSB-シリアル変換ICを接続することで同じ手順でお試しいただけます.